外国人採用を検討しています。「技能実習」「特定技能」「アルバイト」「派遣」どの雇用方法で方法で外国人を採用するべきかがわかりません。

一時的な人員不足を補なうためなのか、長期的なコア人材として働いてもらいたいのか、まずは外国人採用の「目的」を決めることから検討されることです。

一時的な人員不足であればアルバイトや派遣の採用で問題ないかと思いますが、中期・長期的での活躍を見込む場合は、社員雇用の選択を取ることになります。

自社で募集しても人材が集まらない場合は、外国人に特化した人材紹介事業者のサポートを活用を視野にいれることになります。

お問い合わせ

ベトナム人材教育協会へのお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォームへ
このページの先頭へ